読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FF15について

今回はファイナルファンタジー15について書いていきます

 

ファイナルファンタジー15は2006年に今とは違う名で

発表されました。

ですが、それから10年・・・やっと2016年9月30日、

発売になりました。(もしかしたら延期があるかも)

そんな中でFF15(面倒なので略します)かなりスクエニ

は力を入れてると思います。

ここまで待たしてガッカリはないでしょう

それは、なんといってもディレクターが田畑 端ディレクター

だからです

なぜこんなに筆者が褒めるのかというとこのディレクター、

筆者の好きな「ファイナルファンタジー零式」のディレクター

でもあったからです

そして少しインタビューを見てください

田畑 組織のヒエラルキーをリセットしました。というのも、セクションのリーダーを務める人が、十数年もずっと同じ地位にいたりして。そうすると当然ながらスタッフどうしの力関係が決まっていて、ものの真贋や、チームとしての勝利条件ではなく、その人の感覚や主観といった個人的な尺度に従う形でみんなが仕事をしてしまう。そういう不要な関係性をリセットする意味で、「いまからここは上も下もない、修羅の国だ!」という話をしました(笑)。

――つまりは実力主義にしたと。

田畑 はい。最初に全員と面談をして、“残るか残らないかは自分で決めてね”、“残るからにはオレの改革に従ってもらうよ”、“前はこうだったと言い訳するのはナシ”というのを伝えました。それから、「キミは何ができるのかを見せてよ」という話し合いを行って、個々がチームに対して何ができるのかをはっきりさせたんです。そのうえで、あなたはバランス感覚がいいのでプリプロフェーズのリーダーね、これまでリーダーだったあなたはクオリティーの高いものは作れるけどほかのセクションとの交渉や取りまとめは苦手だから、このフェーズは部下ね、と配置替えをしていきました。超モメましたね!

どうでしょう

自分はファイナルファンタジー15はかなり挑戦的だ

思います。だけどこの挑戦が、やっぱり

ファイナルファンタジー」ということなのでしょう

とても楽しみにしてます

発売日は2016年9月30日です

FF成功のために買ってください